一般職からネイリストに転職するのが怖いです…

こんにちは、タミです。

今日は題名の通り、お悩み相談です。


一般職に勤めていて、ネイリストを目指しスクールに通っている生徒さん。

こんな方はたくさんおられるんではないでしょうか?

お仕事があって、並行しながらネイルを学び、そしてネイリストとして働くというスタイルが多いです。



気になるのが、

・お給料の事

・働き方の事


だと思います。

気になるのは当然のことです。みんな生きていかなきゃいけないんだから。



私は保育士を11年やっていました。

(間にサロン就職とか色々やったけど)

その間に認定講師まで取得。

働きながらでも夢は叶うと信じてました。

というより叶えるまでやり続けた感じw



今は保育士をきっぱり辞めて、ネイリストを育てる仕事をしています。



ここまで来るのに一般職を辞めるといつ踏ん切りはつきませんでした。





『美容業は一般職とちょっと違ってるので通用するか不安』だと思っていました。



結論から言うと、一般職と違うのは業務形態なだけで、一般職で培ったモノをしっかり活かせる場所だと思います。



私は保育士でしたので、沢山の子ども達、その保護者、職員とコミュニケーションを上手く取ることが必要でしたので、その経験は今お客様や生徒さん達と信頼を築いていく上ではとても大事なんです。



ネイリストを育成するにも、より分かりやすい言葉で伝えるために、保育士という職業はとても大事だったと思っています。



私は、前の仕事がなんであろうと【一般職の経験を今、どんな形で活かせるだろうか?】と考えます。





もちろん、一般職でも良いことばっかりではありませんでした。

それを時間のムダととるのはもったいない。



【過去の経験は資産として受け取る】

と大先輩に言われて以来、辛かった出来事も、楽しかった出来事も同等に大事なモノとなりました。

それから、保育士を辞めた今でも、その仕事に全く未練はありません。



子どもは好きだし、懐かしく思いますが…w



ネイリストという世界は、技術だけでなく、人間の器もかなり大事になっていきます。

一般職を辞めなくても、やれる事はたくさんあるし、

ネイリストの世界で生きていくのもそれなりの楽しさがあります。



まずは今を見つめ、自分に向き合い、自分が現実をどう感じているのか知る事から始まると思います。





まとめると、

一般職から転職する怖さの裏には、想像も出来ない楽しさ “ も ” あります。

怖さだけでなく、楽しさにも気がつけたら良いですね!





スクールでは、技術指導だけでなく、こうした生徒さん達のリアルなお悩みにもいっぱいお答えしています!^ ^



スクールが気になる方はこちらのコース一覧を覗いてみてください

・スクールコース一覧

分からない事や問合せは、下記のボタンよりご連絡ください★

スクール問い合わせ
スクール価格
サロン料金
previous arrow
next arrow
Shadow
Slider
 
The following two tabs change content below.

ミユキ

nailsalon AKALI(ネイルサロン アカリ)松崎みゆきです。 福岡県筑後市にて自宅サロン、スクール講師をしております。 お客様とたくさんお話をして、生活に合ったメニューで似合うデザインを一緒に創っていく事が大好きです。スクールではやり方だけではなく、プロ向けのちょっとマニアックな授業で『できる』『わかる』楽しさを感じれるスクールを目指しています。ネイルを通してたくさんのお客様やネイリストさんと繋がりたいです!
前後の投稿記事の紹介