ネイリストの退職理由

こんにちはタミです。

今日は中々ネガティブなタイトルですが、ネイルにみんなにはちょっと考えてほしいなと思う内容です。

 

生徒さんが、サロンに勤めていたんです。

その生徒さんは勤めて約1年。

 

 

やっと色んなメニューが出来るようになり、ある意味、独り立ちはしています。

 

 

大変ではあるけど、サロンに勤めることで楽しさとか大変さとか、色々感じていました。

そんな中、『先生、サロンを辞めたいんです。』と相談されました。

 

やめる理由を聞きました。

辞めたらダメというわけではなく、辞めたくなったキッカケって何なんだろう?って。

先日、クレームを貰いました。

もちろん、私もまだまだ未熟な所はあり、クレームを理解できる部分もありました。

 

 

ただ理不尽な点もたくさんあって悔しくて。

周りのスタッフにも迷惑をかけてしまったんです。

詳しく聞いていると、最終的にはマネージャーがクレーム対応をしてくれたらしく、

ネイルの付け替えまでしたそうです。

 

ここまではよくあるお話。

色んな考え方があるので、理不尽な事もあると思います。

 

 

もちろん、情報不足や伝達不足だったり、会社としてやるべき改善点はたくさんあると思います。

結局、この話はクレームをもらったから辞めたいという趣旨ではなかったんです。

 

 

そのあとマネージャーから色々言われたようです。

対応してもらってる以上、色々言われることは仕方ないと思ってます。

ただ、今回の件での改善点も言われず、『クレームを言われないようにたくさん練習して』しか言われなかったです。

これが1回目とかではないので、私、今後どうしたら良いかわからなくて、、、

 

というお話でした。

 

クレームをいただく事ってネイリスト人生の中でもたくさんあります。

 

私もありました。

ここではあまり言えませんがw

 

 

昔サロン勤めの時代の話とかねw

生徒さん達には、なんか身になればと思いたくさん経験談をお話しています!

 

 

私の場合、今は1人なのでクレームの対応も全部が私の責任です。

カバーしてくれる人も、励ましてくれる人もいません。

 

 

だからこそ色々言われる事もないんですが、サロン時代は悔しかった事も、スタッフが励ましてくれる事もたくさんありました。

 

スタッフが居てくれて、本当に良かった。

心の支えになっていました。

 

 

 

こちらの生徒さんは、マネージャーという上司のフォローがなかったようです。

 

改善したいと思っても、『クレームを貰わないように練習して』という抽象的なポイントだけ。

この言葉からすると、どんな練習をしたら良いんでしょうか?

 

 

言われた生徒さんはクレームを言われて対応してもらっている手前、聞くことすら出来なかったようです。

 

 

もし、

スタッフやマネージャーが励ましてくれたら…

もっと具体的に、何をどう練習するのか言ってくれたら…

1人に対してのクレームを会社全体で、みんなの事として考えて取り組むことができたら…

 

 

この、クレームをもらった生徒さんの気持ちは、『もっと頑張ろう!』に変わったかもしれない。

 

 

結局、辞めたくなる理由って

スタッフ同士のフォローが出来ていない

会社がスタッフを大事にしていない

なんだと思います。

 

 

自分が辞めたい立場だったら、この2点があると気持ちは保てるかもしれません。

 

では、もし、あなたが後輩のサポートするようなマネージャーや店長だったら?

同期のスタッフがこうした想いで居たら?

 

 

あなたはどんな対応をし、どんな言葉をかけてあげますか??

スクール問い合わせ

福岡 ネイルスクール