ネイル検定 1級 時間配分と工程

今日は1級試験について。

1級試験は『トップネイリストとして必要とされる総合的な技能及び知識 』が必要となります。

実技試験は150分

〜1分 手指消毒
・施術者→モデルの順番で行う
・丁寧に行っても約1分。丁寧に行う事を心がける

チップオーバーレイ
・真っ直ぐ貼れているか
・チップの角度が揃っているか

スカルプチュア
・先に作ったオーバーレイに厚みや長さを合わせる
・オーバーレイと角度を揃えてアプリを行う(フォームの角度に気をつける)

〜60分 アプリケーション終了

ファイリング(ウォッシャブル)
・先端、アウトライン、表面、と7本一気削って合わせていく
・ファイルのグリット数を考えながら削る

ファイリング(バッファー)
・ここに1番力を入れる
・フリーエッジの角、側面は当たってない事が多く、傷残りが目立つのでしっかり当てる

シャイナー
・とにかく圧をかけて磨きハイシャインを目指す
・シャイナーグリーンの後は必ずダストを水で流してから白に入る

〜120分 ファイリング終了

アート
・テーマに沿っているか
・色が多彩か
・細密に出来ているかどうか?

〜140分 アート終了

残り10分で見直し、ダストオフ、磨き直し

1級は7本全てに統一感が出るかどうかがとても大切です。

1本1本作る練習も必要ですが『揃える』ためにはいかに、数本まとめて作るか?という練習がとても大切になります。

ですので、なるべく2〜3本まとめて作ったり、通しの練習を多くする事を強くオススメしています。

ハイシャインになるためには、バッファーをしっかり当てる時間を確保する事が重要です。
なので、しっかり当てて、傷が残らないようにしましょう!!

色々言いましたが
素直にやるかやらないか?
これが全てだと思います。
頑張りましょうね!!では。

スクール問い合わせ

福岡 ネイルスクール