コロナ収束後のネイリストの世界

こんにちは、タミです。

 

今日は『コロナ収束後のネイリストの世界』という事についてお話していこうと思います。

 

 流行時のネイルサロンの現状

 

生徒さんたちとのお話です。

休業しているサロンが多く見られましたが

今後またパンデミックが起きたらネイリストという職業はリスク高くないですか?

 

 

そうよね!今回みんなそう感じたと思う。

 

ネイリストって対面で接客し、しかも手を取って施術。

かなり距離も近いです。

これもネイリストとしては気になるポイントですね。

 

 

これは自分の身を守るためにも大事な事ですし、

お客様にとっても同じようにリスクがありますね。

 

 

自身を守るために、お客様を守るためには

流行時は他の業種のお店と同じように休業したり、時短営業するしかないです。

 

もし営業したとしても、かなり徹底した衛生管理が必要だと思います。

ネイルサロンに常に必要な消毒剤やマスクの不足は今回かなり大変でしたね。

 

 

お店を開ける以上消毒は必須になるし、開けていても予約が埋まる確率もかなり低くなりますしね!

死活問題ではありますが、今回私は休業という道を選びました。

 

 

 

それらを考えるとやっぱり、このネイリストという職業はリスクが高い方かもしれません

 

休業したら廃業に追い込まれる事もありますしね。

 

落ち着いたとして『はい!明日から大丈夫!』となるわけではないです。

お客様も不安な方も多いと思うので、客足が一瞬で戻るなんてことはないです。

 

 

これが現実です。

 

ネイリストにならない方がいい?

えーーーーーー!

リスク高いなら、ネイリストにならない方がいいじゃん!

 

そんな風に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

開業してもこんなに大変なら…
またこうなったら怖い…
リスクを取るなんて危険…

 

 

でもよく考えてみてください。

 

みんなが知っているような大きな会社でさえ経営破綻したり、倒産したりするんです。

どこの会社、お店だってその可能性はある。

 

 

勤めてる会社が明日どうなるか、5年後持つかどうかすらも誰にも分からないんですよね。

 

だからネイルサロンに限ってのリスクではないです。

 

 

どの業種であっても、開業する時には同じリスクはあるし、コロナでなくてもリスクはあります。

 

 

リスクはどの仕事も業種も同じであれば、

私は好きな仕事を選びたい。

 

 

あなたはリスクが同じであれば、何の仕事を選びますか?

 

仮説)終息後はどんな世界?

メディアなどでも『新しい生活様式』『元には戻らない』とよく言われてますよね。

 

 

直接誰かと会う事を極力控え、出来るだけリモートをするという形式を推奨されました。

今までの当たり前が薄れ、有り得ない事が当たり前になりつつあります。

 

それはこれからどんどん増えていくはずで、

非常識が常識に変わる事もあります。

 

という事は、価値観の多様化がより進みます

 

働き方も『こうあるべき』はより柔軟に。

発言や意見もより自由に。

 

 

こうなった時に、選べる選択肢や選べる自由がより明確に出てくると思います。

なので仕事も同じように選べる自由があります。

 

そんな時『イヤな仕事』を選ぶのか『好きな仕事』を選ぶのか。

 

『イヤだけど、生活のためにこの仕事をしている』という人も、

その選択をしているのは自分という事にも気付いていくと思います。

 

働き方や働く場所はどんどん変化していくと思うので、

自分の選択を認めたくないための言い訳は今後通用しなくなると思います。

 

 

私は今後も自分が好きな仕事、チャレンジしたい仕事を選びます。

私の意思で選びます。

 

 

コロナ終息後でもネイリストは素晴らしい職業の一つだと私は思っています。

さて、あなたは終息後はどんな世界になると思いますか?

スクール問い合わせ

福岡 ネイルスクール