オーバーレイのアプリケーションのコツ

こんにちは、ミィです!

前回の下がった爪へのチップオーバーレイのコツについてお話しました。

今回はチップオーバーレイのアプリケーション。
3ボールバージョンです!w

貼った所からスタートです。
チップオーバーレイやり方

まずは、1ボールめに値する場所、この中で言えばチップの部分にリキッドタッチします。

理由は、チップの上はミクスチュアがすべりにくく、動きにくい!と思い込んでしまい、力を入れて動かそうとします。
圧をかけるとリキッドはどんどんミクスチュアの中に入っていって余計に硬化を早めます〜
アクリルリキッド

そして、1ボールめのミクスチュアを乗せます。
ボールの硬さは通常と変わりません。
スカルプのアプリケーション

筆先でストレスポイントまでしっかり持っていきます。
チップオーバーレイ

あんまりスマイルライン的なラインは気にしません。
※私はナチュラル一本でいきますので、ここに時間はさきません。

横から〜
スカルプ厚み

1ボールめでハイポイントとの高低差があまりなければ緩やかな山を作る程度のミクスチュアを乗せます。
スカルプハイポイント

3ボール目はこれくらい。
セルフレベリングである程度広がるような硬さを探しましょうね!
3ボール乗せ方

上からみたらこんな感じ。
ネイリスト検定1級

そして少し硬くなったくらいでピンチを入れます。
硬くなりすぎた時に入れるとCカーブがVっぽくなるから注意してくださいね!
Cカーブとピンチ

こんな感じでファイリングに入ります!

ファイリングはまた今度!
検定を受験される方へ少しはお役に立てたでしょうか^ ^?

ぜひ、参考になさってみてください!

スクール問い合わせ

福岡 ネイルスクール