ネイル検定 2級『チップラップ】のコツ〜ファイル編〜

こんにちは、タミです。
今日は前回の続きのチップラップのコツのファイル編です。
ネイルスクール 久留米 福岡

・いつも同じ形になる
・ふわっとした仕上がりになる
・正しい形が分からない

という悩みをお持ちの方は是非読んでくださいね!

まず、ファイリング時に自分がどんな角度で当てているのか、これを知る必要があります。
【なんとなく削る】ではなく【この形にする!】と決めて削るのです。

では、これが分かった上で解説していきますね。

ネイルスクール 久留米
・まずは180Gのウォッシャブルファイルでざっくり先端をラウンドに。
※厚みが整ってないとラウンドはしっかり取れないので、ここではざっくりと、短時間で済ませます。

ネイルスクール 久留米 佐賀
・縦のストレートを取っていきます。
ファイルの色のついた部分を見て『真っ直ぐ』に削っていきます。
この時、矢印の方向に力が加わるので、反対側を左手親指でしっかり押さえます。

この左手の支えが甘かったり、ファイルが斜めに入っていると確実に歪むので慎重に!

ネイルスクール 久留米 佐賀
反対側も同じようにしますが、支えが難しいという方もいらっしゃるようです。
しっかり押さえておければ大丈夫なんです、どの指でもw

・サイドストレートをとります。
ウォッシャブルファイルが入れにくい部分はエメリーボードを使います

ネイルスクール 久留米

・180Gで表面を削ります。
ただ削るのではなく、
ファイルのどの部分をあてたらどれくらいの幅で削れるのか
削りたくない部分はファイルを立てて削らないように気をつける
などの工夫がいります。
削りになるとなんか変になるのは考えながら削ってないからです。

考えながら削って形を作っていきます。
考えることをしないでラクしてできる物ではないからね!
(バッサリw)

ネイルスクール 久留米 八女
・表面整ったら最後にもう一度、左右の縦のストレートを取って、細かい膨らみを削っていきます
(ここの動かし方は動画で確認してね)
ネイルスクール 久留米 八女
・バッファーは100G→180G→220G→280Gまで一気にいきます。
ツヤがしっかり出るには、バッファーのかけ方が重要。

ネイルスクール 八女
・厚みが揃った所でラウンドをしっかり取ります。
久留米市 ネイル
・角が残りやすいので、きっちり触って確認してくださいね。

ネイリスト スクール
・シャイナーで仕上げていきます。

一連の流れやコツをザッと説明していきましたが、いかがだったでしょうか?
私もファイルで形を崩していて、当時の先生に『難あり』だと言われました。
だからこそ分かる、練習の仕方や克服の仕方があります。
今となれば仕上がりで、どんなファイルの当て方しているかすら分かります。

ムダなことなんて一つもないんです。
だからこそ困っている人は私の手を借りに来てくださいね!^ ^

スクールの問合せは下記のボタンからどうぞ★

チップラップのYouTubeを見てない方は是非見てみてください!

スクール問い合わせ
スクール価格
サロン料金
previous arrow
next arrow
Shadow
Slider