1級

スクール価格
サロン料金
Arrow
Arrow
Shadow
Slider

こんばんは、ミィです。

1級のスカルプのアプリケーションの動画をアップします!

是非参考にしてみてください!




スクール価格
サロン料金
Arrow
Arrow
Shadow
Slider

こんにちは、ミィです。

今日は人差し指のフォームのコツとアプリケーションについてお話ししますね。

下り爪 スカルプ
亀裂が入っていますが、元の爪はこんな感じです。

では、プレパレーションと仕込みをしていきます。

鷲爪 スカルプ
むやみやたらにサンディングをするのではなく、モデルさんに了承を得られたら、地爪の出過ぎてる山も軽く落とします。



↑傷を入れると同時に爪のハリを落としていくようなイメージです。

その為に、モデルさんの地爪をしっかり厚くするケアを数ヶ月前からやります。

スカルプ 形 コツ
こんな感じですね。



フォームを付けていきます。

スカルプ フォーム 付け方
爪と同じ幅にするのがコツです。

それでも先細りにはならないように注意です!

フォーム 形
横からはこんな感じ。

フォーム コツ


スカルプは、仕上がりの形をイメージする事がすごく大事なんです。

フリーハンドで描いてるから多少の誤差はごめんなさい!

こんなイメージを持ちます!




そして、ハイポイントの位置を考えて、その後1ボール目がどのくらいか?を考える。

スカルプ アプリケーション


2ボール目。




3ボール目。


トータルで見るとこんな感じ。


フリーハンドで描いてるのでちゃんとした物は描けてませんが、こんなイメージを持ってアプリケーションをしてくださいね!

動画は近日公開です。

(中々PCがいうことを聞いてくれませんw)

待っててね!


《使用したのはコチラ》

【タミーテイラー フォーム】

※リンクはオーバルフォームです。使用はスクエアフォームです。


【ネイルデダンス】


【ネイルデダンス Z筆】

スクール価格
サロン料金
Arrow
Arrow
Shadow
Slider

こんにちは、ミィです!





前回の下がった爪へのチップオーバーレイのコツについてお話しました。





今回はチップオーバーレイのアプリケーション。

3ボールバージョンです!w





貼った所からスタートです。

チップオーバーレイやり方






まずは、1ボールめに値する場所、この中で言えばチップの部分にリキッドタッチします。



理由は、チップの上はミクスチュアがすべりにくく、動きにくい!と思い込んでしまい、力を入れて動かそうとします。

圧をかけるとリキッドはどんどんミクスチュアの中に入っていって余計に硬化を早めます〜

アクリルリキッド







そして、1ボールめのミクスチュアを乗せます。

ボールの硬さは通常と変わりません。
スカルプのアプリケーション




筆先でストレスポイントまでしっかり持っていきます。

チップオーバーレイ



あんまりスマイルライン的なラインは気にしません。

※私はナチュラル一本でいきますので、ここに時間はさきません。



横から〜

スカルプ厚み








1ボールめでハイポイントとの高低差があまりなければ緩やかな山を作る程度のミクスチュアを乗せます。

スカルプハイポイント






3ボール目はこれくらい。

セルフレベリングである程度広がるような硬さを探しましょうね!

3ボール乗せ方


上からみたらこんな感じ。

ネイリスト検定1級





そして少し硬くなったくらいでピンチを入れます。

硬くなりすぎた時に入れるとCカーブがVっぽくなるから注意してくださいね!

Cカーブとピンチ






こんな感じでファイリングに入ります!



ファイリングはまた今度!

検定を受験される方へ少しはお役に立てたでしょうか^ ^?





ぜひ、参考になさってみてください!

スクール価格
サロン料金
Arrow
Arrow
Shadow
Slider

こんにちは、ミィです!



今日は4月に行われる春期ネイリスト検定1級の内容のチップオーバーレイについてです!





スカルプにとらわれすぎて、チップオーバーレイってあんまり学んだり、練習が少なかったりしませんか?



はい、私もその1人だったので、オーバーレイにすごーく苦手意識がありました。



ましてや、、、今回「人差し指」がチップオーバーレイ。

『爪なりに貼る』と勝手に下がっていく…ありがち。ありがち。



そもそも合わせ方も分からない!って人のために書いてみようと思います。



今回いい感じの下がったモデルさんが居ないのでハンド君に下がった爪を作ってみました!

鷲爪

バーチャル




まず、通常通り貼ってみると、下がった爪の場合はこうなりますよね。

爪なりに貼るとこうなるものですよね。

ミトス


ミクレア






本当はこの真っ直ぐな角度で貼りたい!!ですよね!?

チップオーバーレイ選び方


上から見たらこんな感じ。

チップの選び方






じゃあ貼りましょう!!

イヤイヤこんな奥に貼るの?





合わないので切ります!

要らない部分!

チップ合わせ方

この赤い線の部分は要らない所なのでハサミで切るか、ファイルで落とすか、マシーンで削るか、どれかの方法でカスタマイズします。





左が元のチップ。

右がカットしたチップ。

ネイルチップカスタマイズ





これを貼ると…

スカルプフォーム
横から〜

ダウン爪チップ合わせ


こんな感じで合わせると綺麗に合いましたね♪



要項に【コンタクトゾーンの仕込みは自由】と書いてあります。

こういう事なんです!






ぜひ参考になさってみてくださいね!

次回はこのオーバーレイのアプリケーションについて書きますね!

スクール価格
サロン料金
Arrow
Arrow
Shadow
Slider

おはようございます!ミィです!





今日は4月の1級のネイリスト検定にも必要なアクリルチップオーバレイのコツです。





チップオーバレイって苦手な方が多い気がします。



みんなスカルプの方ばっかり練習するからね、圧倒的に練習が少ない。



あと、授業とかもチップオーバレイは内容が薄いと思う。



私もスクール時代少なかったから分かる!

でも、コツを知ればスカルプより簡単と思います!

では、いきますね!



まずはチップを真っ直ぐに貼る!

スカルプで言うところのフォームに値するのでかなり大事。

ズレたりしていたら歪みます。

チップの貼り方


今回は諸事情により、2ボールスタイルで作りました!



ストレスポイントから半分くらいをしっかり厚みを作ります。

動かしにくい場合はリキッドタッチをしてミクスチュアをおいてくださいね!


チップの裏にミクスチュアが流れちゃう人は多いはず。



そんな人にはコレ!

アクリル


少しチップを残してフォームの時と同じ様に作ると、先端の厚みも残るし、裏流れもしにくい!!





では、2ボール目にいきますね。

通常では2ボールと3ボール目に値します!

柔らかく、柔らかく触るのがコツ!




1ボール目は形がしっかり出来てほしいから、しっかり触ります。



2ボール目はネイルベッドを覆う部分なので、形を作るというより、覆って繋がっていく部分なので、丸く、柔らかく作りたいので、ミクスチュアのレベリングを大いに利用します!



チップオーバレイのコツ


スカルプ厚み


無理してピンチを入れずとも、正しくチップが付いて、正しい厚みが乗せればオーバレイは簡単なんです。





コツは、触りすぎないこと!

触る所と触らない所を理解して触る!

60%の努力に40%のコツをうまく利用して上手になりましょ^ ^!

スクール価格
サロン料金
Arrow
Arrow
Shadow
Slider

こんばんは、ミィです



4月の1級検定をお考えの方にぜひ、やって頂きたい練習法があります。



アクリルはある程度出来るようになってくると停滞期がきます。



正直仕方ないです、これは。

スカルプ


私達ネイリストはミリ単位よりももっと小さなミクロの世界で戦っています。

毎回同じ人、同じ指でも完璧に同じ様に作るのは難しいのです。

気温、湿度、環境が少しでも変化すると筆の動きの感覚が変わります。



もちろん、その時の自分の身体のコンディションやメンタル等でも大きく左右されます。





1級検定のスカルプ練習でもコンテストの練習でも認定講師試験でも、スカルプチュアをやっていく中で1番多い悩みが…

『どこが悪いか分からない、なんで出来ないのか分からない』というもの。



もし今あなたがスカルプの何かにつまずいてたとして、最初にする事は自分の技術レベルや位置を知ること。







そのためにする事は…

【動画を撮ってもらう】こと。



いやいや、やってるし!って方、ちがいますからね!!



【必ずモデル側から撮ってもらう】

ここが、1番の重要ポイントです。


やり方とか有名な先生の動画にたくさんあがってますね!

それをマネしてやっていてもならない!でも自分は動画のようにしてるつもり…

つもり…

つもり…なんですw





これをモデル側から動画を撮ると…

いや…出来てない!

全然同じじゃないじゃん!w

って気づくのです。







まとめると、上手くなるコツは



1、モデル側から動画を撮ってもらう



2、どこか悪かったのか、どんな動きをしているのかを知る



3、理想の形になるためにはどんな動きをすると良いか?考える



4、もう一度やってみる







これの繰り返しです。




今日の記事でネイリストさんのやる気に繋がると嬉しいです!

blogカテゴリ