ネイル検定 1級 アート バラの作り方 2019年 秋期

こんにちは、タミです。

秋期ネイリスト検定 1級のアートテーマが発表されましたね!

今回は『バラ』でしたね!

 

実際に私も作ってみましたので、気をつけるポイントやコツ、使用道具なども書いていきたいと思います。

作り方とコツ

まずはバラの中心を作ります。

あとで丸める予定なので横長めに作っています。

 

 

 

花びらを作ります。

硬化を一枚ずつ待っていたら間に合わないので、何個か一度に置きます。

 

 

 

ミクスチュアが柔らかい間に花びらの先を引っ張っておくと、レベリングして筆跡が消えます。

 

 

 

 

↓1番右のミクスチュアは硬くなったので引っ張ると筆跡が残ってしまいました

慣れない人は置いたらすぐ引っ張るか、そもそも引っ張らないのをオススメします。

 

 

 

花びらの形を整えていきます。

厚さがなるべくどこも均等になるように表面を触っていきます

 

 

 

私は中心1枚、花びら4枚を作りました。

(結局あとから足りなかったので、1枚追加したんですがw)

 

 

 

花びらを筒状に丸めていきます。

爪が長いので何度も落としましたw

ピンセットを上手く駆使して、丸めてください!

 

 

次の花びらを付けるときは、花びらの巻き終わりの所から重ねるようにしてつけていきます。

 

 

その次も花びらの端から重ねるように巻き終わりから巻いていきます。

 

 

私はこのあたりで硬くなりそうだったので長い部分をカットしてます

切りたくない人は切る必要はありませんが、高さが出すぎてもなんか変だし、

何より、尖っているとチップの上に乗せにくいです

 

 

 

この後、残りの花びらをつけましたが、バランスが取れなかったので、もう一枚作り貼り付けました。

 

トータルの枚数は、
中心1枚、花びら5枚で完成しました。

 

 

 

これに葉っぱをたします。

動画上、1枚ずつ作りましたが本番なら追加の花びら1枚と葉っぱは同じようにボールを一気に置いていくと思います。

 

 

 

葉っぱをバラにつけていきます。

位置を確認しながらなので迷う事もあるので、付かなくなったら焦らずグルーかミクスチュアでくっつけてます。

 

 

 

エンボスのバラについて

 

エンボスでバラっぽい花を作ります。

 

時間を考えると一気に置きたい所ですが、私は花びら1枚め(1番上)は基準になる所なのでキッチリ作ってからその後を一気に乗せていきます。

 

2個一気にボールを乗せ、硬化のタイミングをみてアプリケーションをしました。

 

 

 

上に重なる花びらは、いつも通りの硬さで乗せると、ボールをリリースしたら少し広がります。

 

下の花びらとくっついてしまい同化してしまうので、少しドライのボールを置いています

上に重なる花びらや中心などは全て硬めのボールで乗せています。

 

 

 

3Dのバラを乗せる位置にクリアのボールを置きます。

リリースして広がらない程度の硬さです。

 

 

3Dのバラを乗せます。

今回はかなりバランス難しかったです。

迷ってズラしました。

最後にバラにストーンを乗せました。

もちろんこれは任意です。

 

 

その他のカラーやバリエーションはこれです。

ラメのバラ(左)は見にくいですがちゃんと巻いてます。

 

 

今回は1つのバラを作るのにボールも5、6個とってるのでアクションが多めです。

組立てにも時間がかかるのでアートの時間はしっかり確保したいです。

使用道具

3Dのバラ

ハーモニーカラーパウダーセット
『プリズムズ』

アバーチャー
スペクトロ

 

エンボスのバラ

ネイルデダンスカラーパウダーセット
『ワルツ』

・Ball Room/W-7

※葉っぱのパウダーは廃盤メーカーのため記載しません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カラーパウダーセット/Waltz ワルツ
価格:8438円(税込、送料別) (2019/5/19時点)

 

 

 

3Dバラ用
Ezflow グランドオーバル508

 

 

葉っぱの筆
OPI ゴールデンオーバル

エンボス筆より少し大きめです!

 

 

エンボス筆
ブルーシュ 802

 

 

 

 

動画でみたい人はこちら↓

高評価やチャンネル登録していただけると飛び跳ねて喜びます!♡

スクール問い合わせ

福岡 ネイルスクール