サロン就職は必要ですか?

こんにちは、タミです。



冬期検定を受験された方、お疲れ様でした。

終わってホッとしたのも束の間、次の検定に向かうか、それとも先のことを考えるか、様々だと思います。



今日は複数の生徒さんから『サロン就職』についての質問をされたのでお答えしますね。ネイルスクール 久留米 福岡
私がまずこの時に必ず聞くのが、『ずっと雇われるのか、それとも自分で小さくても開業するのか』です。

とりあえずサロン勤めして、あとから自分でしたいと思っていても、こちらの場合は開業する方にあたります。



雇われる場合は、サロン経験はあった方がやり方はお店により違えど『即戦力』として優遇される場合もあります。

ただ、自分が知らない技術を必要とする場合サロンで教えてくれる所もあれば、自分でスクールを見つけて学びに行かなきゃいけないケースもあります。


技術はできることが多い方がどの道を選んでも有利ということですよね!





では、いずれは開業を考えている方にとってはどうなのか?です。



私はその時に必ずお話するのが、『1人でずっとやるのか?店舗展開していくのか?』がポイントです。



ネイルサロンはチームワークです。

施術は1人の場合が多いですが、席を外す回数と時間が多いほど施術時間は長引きます。

時間が押すことがない人なんて居ないと思うので、そこをカバーするのは他のスタッフなんですよね。

チームとしての意識が低い場合、サロンの中が回らないなんてよくある話です。

ネイリストの仕事は『施術』だけではないからね。



サロンが上手く回るシステムは、サロンそれぞれにありますから、どこに行っても良い学びになると思います。



ネイルサロンに勤めると、ここを1番学びに出来ると思います。





【サロンに勤めて技術を学びたい】って方もおられるとは思うのですが、ハッキリ言ってサロンにより技術も考え方も様々です。



サロンに勤めても、何も考えずにただ数だけこなしていても必ず限界は来ます。

ただ何となくやるのではなく、一つ一つに学びを持てればどんどん上手くなると思います!





まとめると、

・サロンに勤めても何も考えなければ学びはない

・店舗展開を考えてるのならばサロン就職をして、チームワークを学ぶと良い

・サロン就職しなくても開業は出来るが、その分の勉強や努力はかなり必要




何より大事なのは【自分がこうなりたい】を最初に決める必要があると思います!

ふんわりでも大丈夫!

今すぐになれなくても大丈夫!

答えが出なくても大丈夫なので考えてみてくださいね!







《関連記事》

ネイリストの働き方

サロン就職に必要なスキルとは?

スクール問い合わせ
スクール価格
サロン料金
previous arrow
next arrow
Shadow
Slider
 
The following two tabs change content below.

ミユキ

nailsalon AKALI(ネイルサロン アカリ)松崎みゆきです。 福岡県筑後市にて自宅サロン、スクール講師をしております。 お客様とたくさんお話をして、生活に合ったメニューで似合うデザインを一緒に創っていく事が大好きです。スクールではやり方だけではなく、プロ向けのちょっとマニアックな授業で『できる』『わかる』楽しさを感じれるスクールを目指しています。ネイルを通してたくさんのお客様やネイリストさんと繋がりたいです!
前後の投稿記事の紹介