ネイリスト検定

スクール価格
サロン料金
Arrow
Arrow
Shadow
Slider

こんばんは、ミィです。

今日は私の検定での失敗談についてお話しますね!

ネイリスト検定不合格
『検定は魔物が住んでる』なんてよく言われる話ですが、

私も魔物は何回も出会って来ましたw



今でこそ『通し練習』の必要性を強く感じていて、

模擬試験、通し練習を多く重ねている方が明らかに検定では有利だと思ってます。





私、実は通し練習をしたくない人だったのです。

だって、練習するなら仕上がりは完ぺきにこだわって作りたかったし、

時間に入れる事よりもレベルを上げることにばかり目をとられ、通し練習は意味がない!って思ってました。



だから本番はすごく失敗ばかり。。

・ブラシダウンを忘れる

・次する事を忘れる

・周りに気をとられて焦る

・なぜかいつもと違うやり方をする

・時間に間に合わない

・ステリが気づいたら割れてたw



こんな感じで、たくさんの失敗をしてきました。



これの原因は何かというと『自分の心の余裕のなさ』から来てるんですよね。



心の余裕って、練習によりカバーできる部分はたくさんあったな、って後悔してます。



魔物って【心の余裕なさ】なんじゃないか?って思ってます。



だからいかに通し練習で、『本番を想定した練習』が出来るかってすごく大事。



今思えば『ちゃんと練習しときゃよかったなぁ…』て思いますw





まとめると、

全ては心の余裕を持つために、見通しのたった、【通し練習】が必要だと思います!



失敗したからこそ分かる!通し練習、模擬試験の必要性…



みんなにはその失敗はして欲しくないですので、1回でも通し練習を増やしてみてくださいね!!



もし、1回だけみてもらいたい!って方がおられましたら、

松崎がはりついて見るw!!マンツーマン模擬試験もあります!

詳細、お申込みはこちら

スクール価格
サロン料金
Arrow
Arrow
Shadow
Slider

おはようございます、ミィです。





過去、1級、2級、3級をJNEやJNAの時代に取得した方へお知らせです。



ネイリスト検定




今はJNA、JNEがJNECに変わり証書の更新が必要となった様です。





必要な方へは郵送にて通知が来るみたいですね。



私ももう書き換えしました!ネイリスト検定更新




ものの10分くらいで終わるので、忘れないうちに済ませておいてくださいね!

スクール価格
サロン料金
Arrow
Arrow
Shadow
Slider

こんばんは、ミィです。





今日は検定試験官が見ているポイントをお話ししますね!



もちろん検定時は、協会のホームページでも公開されてる『実技採点基準』に基づいてジャッジは行われてるので、しっかり目を通す事です。





うちのスクールではその実技採点基準から、3級合格後、2級も受験すると先の事まで考えて完全にオリジナルで作りました。

ネイル検定審査基準
やはり、3級はネイルの基礎。



試験では工程でも、仕上がりでも技術の完成度はまだまだですが、きちんとレベルをみてジャッジされています。



簡単に言えば3級で認定講師レベルの仕上がりである必要はないんです。



それでも私は、3級合格後は2級を受験するので

このくらいという甘い考えでチェックはしません!!



それは合格のために一生懸命、頑張ってる生徒さんの後々の事を考えてのチェックです。

私には生徒さんの『夢を達成する』という目標を手助けする立場。



あの某CMではありませんが…

【結果にコミットする】のです。



だから、

・どうしても合格したい人

・何回も挑戦したけどダメだった人

・もう今回で最後にしようかなと思ってる人

・ネイル辞めたいかも…と落ち込んで凹んでどん底だけど、ネイルが好きな人




最後の砦として私が居ます!!

だから辞める前に最後に頼ってきてね。







では、3級のポイント!

ジャッジペーパーは全てを載せれなくてごめんなさい。



松崎のジャッジが厳しいと分かりつつ頑張って受講しにきてくれた生徒さんだけの特権にしたいので…



でもブログ読んで下さる方の特権で文章ではお伝えします!

長いけど読んでねw


審査基準 【ファイリング】

持ち方の適正さ

往復やはね上げで当ててないか

ファイル角度はどうか



【ラウンドの仕上がり】

左右対称、中心のズレ、角残り

長さ形の10本のバランス

バリ残り



【プッシャー】

支えやひじ動き、不安定さ等の当て方

寝すぎ、立てすぎ等の角度、

当てる力加減

ブラシダウンの有無



【ニッパー】

ハンドリングの安定さ

引っ張ったり、はね上げたり等のストローク

ガーゼクリーンの状態



ネイル検定不合格

【クリーンナップ】

ささくれなどの角質処理

出血、赤みの手指ダメージ

ポリッシュオフができているか



【カラー表面 色むら】

ベーストップ、カラー共にきちんと塗れているか

色むら、はけ筋、バブルが表面に出てないか



【カラー ラインどり】

キューティクルラインに空きやはみ出しがないか

サイドラインの塗り残し、修正不足がないか



【ネイルアート】

テーマが一致しているか

多彩であるか

バランスが取れているか

繊細かどうさ



【全体の仕上がり】

マナーや器具の使用状態

ヘアスタイル、アクセ

ゴミの持ち帰り等の基本的なところ





こちらを注意して、要項に忠実に練習してくださいね。

スクール価格
サロン料金
Arrow
Arrow
Shadow
Slider

こんにちは、ミィです。





引き続き、認定講師試験のケアカラーの時間配分について。



フレンチ




〜1分 手指消毒(1分)

〜2分 油分除去(1分)12秒/本

〜3分30 ベース(1〜1分30)12〜18秒/本

〜8分 ベージュ(4〜4分30)24〜30秒/本

〜12分 ホワイト1(4分)48秒/本

〜15分 ホワイト2(3分)36秒/本

〜18分 トップ(3分)36秒/本

〜20分 修正(2分)





という感じです。



ケアカラーは歪みとか、爪のハリが特に出るのでモデルさんさんの爪の管理をしっかりして、試験までしっかり分厚くなるようにオイルもこまめに塗ってもらいました!





前日、軽く表面のハリを削って綺麗に見えるラインを探しました!



ぜひ参考になさってくださいね!

スクール価格
サロン料金
Arrow
Arrow
Shadow
Slider

おはようございます!ミィです!



今日は37期認定講師試験ですね!



受験される方頑張ってくださいねm(_ _)m



って、これを読む頃には終了してるのかな?







今日は私が認定講師試験を受けた時の時間配分を書きたいと思います!

カラーリング、イクステンションはまた別の記事に書きますね!



ネイルケア(30分)

インターバル(1分)

カラーリング(20分)





各項目の時間割りはこんな感じ。

手指消毒(1分)

受:15秒/15秒 モ:15秒/15秒



ファイリング(14分)

左:7分/右:7分



プッシャー(5分)

左:2分30秒/右:2分30秒



ニッパー(10分)

左:5分/右:5分





この時間配分は変えません!

早すぎても遅すぎてもダメで、しっかりこの時間で出来るようにタイマーを使って練習します。





例えばニッパーは1本1分になるので、1分でタイマーを切ってその時間しっかり当てれるような練習をしたり。





細分化した練習

それを少しまとめた練習

通し練習




これを徹底してやりましたよ!



ネイルケアは工程審査もあるので、施術スタイルを動画に撮ってみたり。



猫背になっていないか?これにも注意をしました!



認定講師試験で合格した時の写真でお別れです!

認定講師試験合格

スクール価格
サロン料金
Arrow
Arrow
Shadow
Slider

こんにちは!ミィです。



今日は検定において特に注意すべき項目を書き出しました。



『こんな事か…』と思わずに、結果を出したい方はどうぞ、最後まで読んでみてくださいね!



まずはJNEC全級共通、ジェル検全級共通して言える事です。







・検定要項をよく読む

・減点、失格項目を覚える

・規則を守る









これが1番のポイントだと私は思っています。では、解説。







・検定要項をよく読む

これは要項にも書いてありますが熟読してください。

級によって、アートの指も毎回変わるし、指定パターンも違ったり、指定カラーもありますね。

要項は毎回新しくなっています!



前回と同じだとは思わず、毎回一語一句見逃さず読んでください。









・減点、失格項目を覚える

何が減点で、何が失格か聞かれて答えられますか?

覚えていないと、知らず知らずのうちに減点、失格行為をしているかもしれません。

要項に全て書いてあります!

だから試験要項を熟読しましょ!









・規則を守る

子どもでも守る事ができます。

時間を守る、禁止用具、溶剤を使わない。

モデルさん(相手)を大事にする。

ゴミを持ち帰る。



えー?こんなの当たり前!と思ってる方多いと思いますが…割と出来てない人いますよ!

モデルさんに道具持たせたりとかね。



ネイリストである前に人として大切な事をきちんと守りましょう!!









この3つが1番大切なポイントはだと思います。





お客様の立場にたったとして、【あなたに施術をしてもらいたいかどうか?】このベースは検定でもマナー等にも値する所ですので大事ですね!



これを読んでするかしないかで合格への近道へグッと近づきます。





素直にやるか、やらないか?





これに尽きます。



技術レベルよりも、まずは当たり前だと思っていることをとにかくやりましょう?

スクール価格
サロン料金
Arrow
Arrow
Shadow
Slider

今日は1級試験について。





1級試験は『トップネイリストとして必要とされる総合的な技能及び知識 』が必要となります。





実技試験は150分







〜1分 手指消毒

・施術者→モデルの順番で行う

・丁寧に行っても約1分。丁寧に行う事を心がける



チップオーバーレイ

・真っ直ぐ貼れているか

・チップの角度が揃っているか



スカルプチュア

・先に作ったオーバーレイに厚みや長さを合わせる

・オーバーレイと角度を揃えてアプリを行う(フォームの角度に気をつける)







〜60分 アプリケーション終了





ファイリング(ウォッシャブル)

・先端、アウトライン、表面、と7本一気削って合わせていく

・ファイルのグリット数を考えながら削る



ファイリング(バッファー)

・ここに1番力を入れる

・フリーエッジの角、側面は当たってない事が多く、傷残りが目立つのでしっかり当てる





シャイナー

・とにかく圧をかけて磨きハイシャインを目指す

・シャイナーグリーンの後は必ずダストを水で流してから白に入る






〜120分 ファイリング終了





アート

・テーマに沿っているか

・色が多彩か

・細密に出来ているかどうか?





〜140分 アート終了



残り10分で見直し、ダストオフ、磨き直し







1級は7本全てに統一感が出るかどうかがとても大切です。



1本1本作る練習も必要ですが『揃える』ためにはいかに、数本まとめて作るか?という練習がとても大切になります。



ですので、なるべく2〜3本まとめて作ったり、通しの練習を多くする事を強くオススメしています。





ハイシャインになるためには、バッファーをしっかり当てる時間を確保する事が重要です。

なので、しっかり当てて、傷が残らないようにしましょう!!







色々言いましたが

素直にやるかやらないか?

これが全てだと思います。

頑張りましょうね!!では。

スクール価格
サロン料金
Arrow
Arrow
Shadow
Slider

今日は2級試験について。

2級試験というのは

『サロンワークで通用するネイルケア、リペア、チップラップ、ネイルアートに関する技能及び知識』が要求されます。

実技試験時間は以下の通り。

前半35分

インターバル1分

後半55分

2級は毎回指の指定が変わります。

カラーポリッシュもカラー指定があります。

↑この2点は必ず毎回確認しましょう!!

前半試験(35分)

〜1分 手指消毒(1分)

・施術者→モデルの順番で行う

・丁寧に行っても約1分。丁寧に行う事を心がける

〜7分 ポリッシュオフ(6分)

・リムーバーの量が上手く落とすカギ!

・焦らず、こすらず、丁寧に!

〜17分 ファイリング(10分)

・往復がけをしない

・丁寧に、リズミカルに

・ストロークは滑らかに

↑この2点は3級よりも高度です

〜35分 クリーンナップ(18分)

・プッシャーの角度に気をつける

・プッシャーストローク、持ち方(力が入ってるように見える持ち方をしない)

・ニッパーの持ち方(ひじが上がらないように)

・ニッパーハンドリングがスムーズか

《インターバル1分》

ここではモデルの手には一切触れないこと

後半試験

〜1分 手指消毒(1分)

・後半試験も必ず手指消毒から始めること

カラーリング

・はみ出しや空きがないように気を付ける

・ムラがないように

・はみ出しは必ず修正

・ラインどりをきっちりと

チップ&ラップ

・表面の凹凸、光沢(ハイシャイン)

・バブルがないか

・キューティクルの状態

〜40分

※チップラップとカラーリングは同時進行(39分)

〜50分 アート(10分)

・色使いが多彩かどうか

(5色以上を使うときれいだなと思います)

・テーマに沿っているかどうか

・アートが繊細

〜55分 トップコート塗布、見直し(5分)

終了。

2級は3級に比べて合格率もかなり低くなります。

前半試験ではよりハイレベルな技術が求められます。

3級よりも仕上がりの精度も高度でなければなりません。

同じ練習の仕方ではなく、意味のある練習を行ってくださいね。

素直にやるか、やらないか?

これに尽きると思います。

ではまた。

スクール価格
サロン料金
Arrow
Arrow
Shadow
Slider

今日は3級試験について。

 

3級試験というのは『ネイリストの基礎がきちんと出来ているか?』が問われます。

 

実技試験は70分。

時間配分は流れに沿ってお伝えしますね。

 

手指消毒

・施術者→モデルの順番で行う

・丁寧に行っても約1分。丁寧に行う事を心がける

ポリッシュオフ

・リムーバーの量が上手く落とすカギ!

・焦らず、こすらず、丁寧に!

 

10分〜 ファイリング

・往復がけをしない

・慣れている事よりも丁寧に

・1ストロークごとに止める意識で

 

クリーンナップ

・プッシャーの角度に気をつける

・プッシャーストローク、持ち方(力が入ってるように見える持ち方をしない)

・ニッパーの持ち方(ひじが上がらないように)

・ニッパーハンドリング(ひっぱったりしない)

 

35分〜 カラーリング

・はみ出しや空きがないように

・ムラがないように

・はみ出しは必ずその時修正

 

60分〜 アート

・色使いが多彩かどうか

(5色以上を使うときれい)

・花の数が複数あるかどうか

・アートが繊細

残り5分で見直し終了。

 

トップコートはアートが終わってから一気に塗った方が塗り忘れがないと思います!

こんな感じで3級の流れと気をつけるポイントになります。

いろいろと書きましたが参考になれば幸いです。


これを素直やるか、やらないか?

これが一番のポイント!合格への道がグッと近づくと思います。

blogカテゴリ