ネイルが上手くなる人のノート見本とメモの取り方のポイント

こんにちは、タミです

今日は生徒さんのノートをご紹介します。

ネイルが上手くなりたい人は必見ですよー!

 

 

当校は写真や動画の撮影はご自身の学びのみの使用としてOKにしています。

 

今は撮影OKなセミナーも増えましたが、昔は絶対×なものも多かったですし、今もダメなものもあります。

 

このご時世、オンラインも増えて動画で学べるものも増えましたよね。

 

動画を見れば出来る、それを実際施術できる、そんな人は必要ないかもしれませんが、オンラインなどの動画をみただけででは必ず忘れます。

 

なので、ノートじゃなくてもいいけどなるべく書き残した方が良いです。

 

ある程度上手くなった時でも、そのノートを見返せば基本に戻る事ができます

 

ここ重要!常に基本にかえる!

生徒さんのノート見本

それではどんな風にノートをとればいいのか、

生徒さんのノート大公開です↓



こちらの生徒さんのノートの写真は、

レッスン時、動画を撮影し重要な所をスクリーンショットを撮って

それを印刷されているそうです。

 

というのも、どの技術もそうですが

必ず上手くいくポイントがあるんです。

 

逆にいうとこのポイントを大事にしないと

絶対にどこか上手く出来ない部分が出てきます。

 

それは技術は全部つながっているからなんですが、

意外と分かっていない人多いです!

 

この上手くいくポイントを押さえていれば、実はできるようになるのがネイルです。

 

ココ!!というポイントは私は頭に入っているので、

絶対に見逃して欲しくないところはココを見て!と必ず伝えます。

 

スクールに通うメリットはこの上手くなるポイントを体感できることです。

 

そこを写真で残しておくと、後から見直してもわかりやすいですよね。

 

ノートの取り方のポイント

写真の撮り方は分かった!!

大事なところをノートに貼るのも分かった!!

でも…

 

そもそものノートの作り方がよくわからない!!

こんな声が聞こえてきそうですが、

ノートを作るのに上手くいかなくて挫折してしまう方向けに

私のノートの取り方をお伝えしますね!

 

ノートの作り方の基本

1、レッスン時はひたすらメモ

2、メモを見直して思い出しながら追記

3、新しいノートにメモを整理しながら書く

 

実はこの3ポイントだけなんです。

ではこれを詳しく解説していきますね。

 

1、レッスン時はひたすらメモ

レッスンの時は、ひたすらメモをしていきます。

この時は字が汚くてもOK!

書く場所なんて考えなくてOK!

とにかく、書く!書く!書く!!

 

先生の説明で耳に残った言葉をどんどん書いていきます。

この時は黒のボールペンで書きます。

 

2、メモを見直して思い出しながら追記

レッスンが終わった後や、セミナーでデモ後のトレーニングに入った時は、

まず始めにするのは、メモの追記です。

 

レッスンで終わった後は聞けませんが、

セミナーなどはデモ後にトレーニングがあったりする事が多いので

すぐにトレーニングに入らず(笑)

メモを見ながら書き損なっていた言葉を

思い出しながら赤のボールペンで追記。

 

意外と書き損なっていますw

もしここで分からなければその場で先生に聞けますからね!!

 

レッスンの時は、分からない時は次回レッスン時に聞くように付箋などに書いておきます。

 

3、新しいノートにメモを整理しながら書く

やっとここで初めてちゃんとしたノートができます。w

 

道のりが長いですが、要らない情報、絶対大事なポイントなどを書くために

一旦書いている事で、ノートのどこに書くか、

どれくらい目立たせるか、これもバランスよく書くことができます。

 

写真を貼る場合も【この写真を貼る】とかある程度構成ができますからね!

 

まとめ

ノートを上手く作ることが大事なのではなくて、

どれだけ自分にとって必要なポイントを記載できるかが上手くなるノートの大事なポイントです。

 

そして実際に考えながら書くことが大事。

頭の中を効率よく整理できると思います。

 

もう一度おさらい↓↓

 

ノートの作り方の基本

1、レッスン時はひたすらメモ(黒のボールペン)

2、メモを見直して思い出しながら追記(赤のボールペン)

3、新しいノートにメモを整理しながら書く(写真はここで貼る)

みなさんが

上手くなるために少しでも参考になれば嬉しいです♪

スクール問い合わせ

福岡 ネイルスクール