サロンのターゲットの決め方

こんにちは、ミィです。
前回の記事ではターゲットの絞込みの大切さをお話ししました。
今回はどこまで絞るのか?についてお話していきますね。

ターゲットをより細かく絞って設定したのが『ペルソナ』といいます。
ターゲットとペルソナの違いとは?
《ターゲット》
・30代女性
・主婦
こんな感じでかなり、かなりざっくりです。
確かに該当する人は増えますが、これでは “ わたしに言ってる?” とはなりませんね。
《ペルソナ》
・田中〇〇さん
・32才 独身(彼氏あり)
・〇〇銀行△△支店勤務(10年目)
・ひとり暮らし
・好きなもの…
・趣味…
・興味がある内容…
こんな感じでもっともっとたくさん内容はありますが『1人の人を想像できるくらいまで決める』ってこと。

絞ればその分、的が狭くなるからお客様に届く率が減るのではないか?と心配になるかと思われると思いますが…

逆です!!!

狭める事でサロンに合わないお客様は来られません!
逆を言えばサロンに合ったお客様しか来られません!
幅が広いという事は【どんな人でも来てしまう】ってことです。
個人店の強みは、お客様と向き合える事が1番の強みです!
そこの価値を出せるのも特徴ですので、しっかり怖がらず絞り込んでみてくださいね!!
ペルソナ設定は《サロン作り》の2の授業で組立てていきます!
サロン開業
そのほか、サロン作りの為に必要な事はコチラの【サロン作り】のカテゴリーからどうぞ!

スクール問い合わせ

福岡 ネイルスクール