メニューの価格設定の決め方

こんにちは、タミです。

今日は自宅サロンを始めたい方へ向けた記事です。

 

 

生徒さんの中でも自宅サロンを開きたいと言う目標の方はたくさんいらっしゃいます。

 

もちろん自宅サロンだけでなく、出張型やレンタルサロンや面貸しでのネイリストを目指している人も。

 

 

今の時代、ネイリストとしての働き方は様々です。

 

今日は生徒さん達が1番悩む所のメニューの料金の決め方について書きたいと思います。

 

 

メインのメニューはなに?

まず何よりも大事なのは

自分のサロンの主力とするメニューは何にするのか?

 

これを決めないといけません。

 

 

ジェルが主流ではあるけど、別に絶対それに合わせないといけないというワケではありません。

 

もちろん需要があるものだから主流ではあるけど、同時に競争相手が多くなるのは間違いありません。

競争相手が多くなる領域で戦う事をレッドオーシャンと言います。

 

ジェルが主流だけど、スカルプやマニキュア、ケアなどをメインにやっているサロンは、需要も少ないけど、競争相手も少ないと言えます。

競争相手がいない領域で独自に領域を開発して行く事をブルーオーシャンと言います。

 

もちろん、どちらを狙っても良いです。

 

レッドオーシャンのジェルを売って行くならば、いかに独自化していくかが大事です。

ブルーオーシャンの領域を狙うなら、内容の独自化とさらにブランディング、新しい発想に基づくPDCAが出来ないと売り上げをあげることは難しくなってきます。

 

 

これについては、長くなるのでまた、改めて書こうと思います。

 

 

ただ、私がこの授業で生徒さん達にいつもお伝えしているのは、

・自分のすきなもの

・自分の得意なもの

・誰にも負けない想いやストーリーがある

これを活かしてサロンのメニューを作り上げていくのが一番いいと思います。

 

 

料金の決め方

ある程度メインのメニューが決まれば、そこから各メニューの料金を決めていきます。

 

私がメニューに対する料金を決める時の基準はこれです。

1、各メニューのかかる時間をはじき出す

2、各メニューのかかる材料費・経費をはじき出す

3、自分の時給はいくらにするか?考える

 

1、各メニューのかかる時間を考える

まず、1番大事なのが時間

どのメニューにどれくらいの時間がかかるのか?

それにより関わってくるのは1時間に換算するといくら売り上がるのか?というもの。

 

なぜ1時間の売り上げを換算するかというと、

自分の時給に関わってくるから。

 

例えば…
ジェルネイル5000円で提供しているA店B店

A店は2時間の施術時間
B店は1時間の施術時間

 

1日8時間でフル回転で回したとして

A店は1日4人施術で20,000円の売り上げ
B店は1日8人施術で40,000円の売り上げ

 

こうして施術時間が変われば、1日にできる人数も変わります。

 

無理やり出来ない事をする必要はありませんが、

今の自分がどれくらいできるのか?きちんと現実をみることも大事です。

 

2、各メニューの経費を考える

材料費・経費は何をやっても避けられない所です。

必要なものにはお金をかけても良いと思いますが、何でもお金をかければ良いということではありません。

 

私の場合は、まず一番お金がかかっているものは

ネイルマシーン、ジェルライト、エアブラシです。

 

 

機械関係は、必ず高くても良いものを買っています。

それは保証や、故障対応がしっかりしていることにも直結しています。

 

確かにちょこちょこ新製品は出ますが、よっぽど壊れない限り買い直しもしないので、次に買うのは大体5年後とかかなw

 

 

そしてホームページ製作代は、集客として人を集めるために必要な経費なのでかなり大事になります。

私もはじめは文章も書けなかったので無料のブログからスタートし、約5年程はそれでしのいでいました。

文章を書くのも練習なので自信ないという人はまずは無料からでも良いと思います。

 

 

あとは、ジェルの持ちやツヤに関連するベースやトップは少し高くても買います。

カラージェルなど混ぜて代用が効くものはなるべくコストを掛けないように工夫します。

 

経営のスタートは、

小さく始めて大きく育てる!が一番リスクが少ないです。

 

3、自分の時給を考える

これを1番考えられない人が多いです。

 

あなたがお勤めで働いていて

『時給は売り上げの中に入ってません』

と言われたことがありますか?

 

どうしてお勤めの時は時給も確認して働くのに、

自営になった途端、自分の時給はナシなんでしょうね!!

 

自分の会社を自分でブラック企業にしないようにしましょうね。

せっかく自分の好きな仕事ができるんです!

自分で始める理由を大事にしましょうね!!!!

 

1〜3を考えると

例えば…ジェルワンカラー(オフなし)の例

1、施術時間…60分

2、材料・経費…1000円

3、時給…1000円

これで設定した場合、最低2,000円は頂かないと赤字です。

 

 

ただ、これだと利益が残らないので利益をさらに追加しないと、今後の経営に影響します。

 

 

利益があるから、私たちは研修行くこともできる。

利益があるから、新メニューも追加できる。

利益があるから、会社が大きくなれる。

 

だから利益を出すことは必要なんです。

まとめ

メニューを決める時は、自分のことに向き合わないといけません。

 

自分には何ができるのか

どれくらいの技術ができるのか

お客様をどんな風に幸せにできるのか

 

自分のやりたい気持ちと、現実に向き合うことは時間もかかるし、体力も使います。

 

 

中々思いつかないし、決めきれない、分からない、、

などがあり、正直めんどくさいんです。

 

経営は脳を使う仕事です。

考えて生み出して行かないといけません。

 

めんどくさい、考えたくない、という気持ちが強いなら

正直やめる事をオススメします。

 

 

稼いでいようが、稼いでいまいが経営者は経営者なんです。

やる事をやれない経営者は衰退します。

 

自分の会社を大事に育てて行くために、きつい気持ちもしっかり自制しながら頑張ってくださいね!!!

 

 

これよりさらに詳しいお話は

経営・集客マーケティング講座の
サロンプランニングコースでお話しています↓

サロンプランニングコース
自分の好きと得意な技術を活かしてサロンを始めよう! \\こんな人にオススメ// ・自宅サロンを始めたい方 ・何から始めれば良いのか分からない方 ・小規模サロンの経営や集客、マーケティングが分からない方 ・自宅サロンをは...
スクール問い合わせ

福岡 ネイルスクール