くるめシティーブラスの音楽会

こんにちは、タミです。
今日はプライベートを少しお話します。

私は社会人ブラスバンドに所属しています。
『くるめシティーブラス』というバンドなんですが、もう11年くらいなります。
先日、毎年恒例のくるめシティーブラスの音楽会が終わりました。
久留米
今年は結成20周年。

みんな色んな想いを持って本番を迎えました。

私の大事なパートの仲間です。

色々とあったけど、私はこの仲間が好きで楽しく吹けるんだなと改めて思いました。

団長が言っていた言葉で『熱量を持って(心を込めて)吹く』という言葉。
なんでもそうだと思っててネイルをするにも『熱量』って大事だと思う。

【熱意】がないとやっていても面白くなくて、【真剣】だから壁にぶち当たって、【本気】だから皆が応援してくれるんだと思ってます。
今回、ある曲で歌う部分があったのですが私自身引き込まれて、感動してしまい泣きそうになりました。
言葉とか、形とか目に見える物ではないので言い表わせないんだけど、そこに感じた想いを大事にしようと思ってます。

ネイリストって技術を磨くことも必要だけど、同時に『感性』も磨くことが大事だと思います。
作品作りだけでなく、接客や、発する言葉、物の見方すら変わると思っていて、それがいかに仕事に関わるかはちゃんと考えたらわかるはず。

技術しかやってこなかった私だから言えることなんだけどね。

そして私はネイリストとして充実していて、プライベートも大事にしています。
【働く意味】って考えた時に本当に叶えたいことを見失わないように…ね!

今日はまとまらなかったけど、色んな方に感謝の気持ちがたくさんです。
見に来ていただいた方にお花もいただきました!
ありがとうござました!

スクール問い合わせ

福岡 ネイルスクール