合否をわける?検定直前に必ずやるべきこと

こんにちは、ミィです。
今日は検定直前の1週間前!ということで、最後の最後、気をつけて欲しいポイントについてです。
ネイリスト検定合否
2級、3級それぞれ気になる箇所ってあると思います。
みんな、ギリギリまで技術をあげようと必死です。
もちろん、練習する事ってとても大事。
もしかしたら試験までに克服できるかもしれないから、残り1週間と言えど気は抜けませんね。

でも、ちょっと待って!
とても大事な事忘れてませんか?
【テーブルセッティングの衛生】
これ1番大事!!!

『なーーんだ、そんな事』と思ってる方、甘いですから。
トレイの隅、ファイル立ての側面、隅に自信ありますか?
ファイルはしっかり、ブラシと流水で洗い流して乾燥させますよね?

検定って合否が出るためだけじゃないし、落とすための検定ではないです。

サロンワークに立つまでの基礎』ができてるかどうかですよね!
自分がネイルサロンにいってダストまみれの真っ白な道具をみて「また通いたい!」と思うかどうか。

筆記があるのもそう。
先輩ネイリストから爪の名称や、病気の事を言われても理解できない…という事もあるので、座学も大切な技術のひとつですね。
そしてたくさんの生徒さんをみてきたけど、ハッキリいって、道具を大切に使えるネイリストって上手い人が多いし、教えた時の改善も早いと感じています。
それって道具を大切に使っているから『道具とお友達になってる』って感じかな。
道具を使いこなす】ってそーいうこと。
《例えば‥》
技術が合否ギリギリで、あと『1点』低ければ不合格だったとします。
その時点ではギリギリでも『合格』かもしれませんが、セッティングがダストまみれで汚かったとします…
はい、事前審査の時に衛生面で『減点』となります。
これだけで不合格になることはありませんが、その衛生管理不十分で『不合格を招く』ことは大いにある!ということです。
ね!!大事でしょ?
いま一度、私たちネイリストの技術をあげてくれる道具に感謝をしながら丁寧にメンテナンスしてあげて、本番に臨んでくださいね!

スクール問い合わせ

福岡 ネイルスクール