ラウンドのコツ

こんばんは、ミィです!

今日はネイリスト向けの内容!

ネイリスト検定2級、3級を受ける方だけでなく認定講師試験考えてる方にもどーぞ。

【ラウンド】について。

『ラウンドの定義はなんですか?』

皆さんの答えは…?

良く言われるのが【円周の一部】という言葉。

では…どこから円周??基準はどこ?

さーっぱり分からない!

いいですよ、だってラウンドの取り方って一人ひとり違います。

では、なにを目安に考えるか…

私の場合、キューティクルの形で変えてます!

キューティクルの形が丸ければ深めのラウンドに、キューティクルの形がストレートっぽければ浅めのラウンドにしています。

でも1番は長さや歪みなどのバランスを見ながら1番キレイなラウンドを見つける感じ。

?キューティクルの形を見て、深めか浅めのラウンドを決める

?決めた方で取ってみる

?フレンチを塗ってみる

?イメージしたものと違った場合、フレンチのラインのみ深く(浅く)して合うか判断。

?オフしてラウンドの修正

という様な感じ。

では浅め、深めのラウンドの違いを写真にて!

【浅めのラウンド】

【深めのラウンド】


撮る位置でちょっと取れてない様に見えますが…

厳密には爪の歪みでも取り方は多少変わるし、リペアの場合も、爪の横幅具合でも変わります!

ぜひ、参考になさってくださいね!

スクール問い合わせ

ネイルブック
ご予約はNailbookを利用させていただいてます

スクール価格
サロン料金
Arrow
Arrow
Shadow
Slider
 
The following two tabs change content below.

ミユキ

nailsalon AKALI(ネイルサロン アカリ)松崎みゆきです。 福岡県筑後市にて自宅サロン、スクール講師をしております。 お客様とたくさんお話をして、生活に合ったメニューで似合うデザインを一緒に創っていく事が大好きです。スクールではやり方だけではなく、プロ向けのちょっとマニアックな授業で『できる』『わかる』楽しさを感じれるスクールを目指しています。ネイルを通してたくさんのお客様やネイリストさんと繋がりたいです!

blogカテゴリ